琉球銀行カードローンで融資を受ける方法

琉球銀行は沖縄県那覇市に本店を置く地方銀行で、カードローンは4種類ありますが、いずれも来店での契約と琉球銀行の口座が必要になります。

琉球銀行のいちばんスタンダードなカードローンである「しあわせのカードローン」については、電話で琉球銀行に確認しながら申し込みから融資までの流れを詳しくまとめました。

琉球銀行のカードローン以外にも、フリーローン、目的ローンについて紹介してきます。

※現在、琉球銀行カードローンでは即日融資が不可となっております。即日融資を希望する方は「即日融資24」をご覧ください。


琉球銀行のカードローン4商品の特徴

琉球銀行では次の4つのカードローンを扱っています。

■しあわせのカードローン
しあわせのカードローンが琉球銀行のオーソドックスなカードローン商品となっており、専業主婦、パートやアルバイト、年金生活者の方でも申し込みが可能です。

■カードローンプレミアム
カードローンプレミアムは、住宅ローン利用者専用のカードローンです。

■学生応援ローンガクワリ君
ガクワリ君は、沖縄県内の20歳以上の学生が利用できる学生専用のカードローン商品です。

■公務員ローン(カードローン型)
公務員ローン(カードローン型)は、公務員やNTT・JT・駐留軍従業員、沖縄電力のグループ会社正社員の方だけが利用できるカードローンです。

※来店不要で契約できる「カードローン沖縄大好き」という商品は、現在新規受付を停止しています。

琉球銀行「しあわせのカードローン」で融資を受ける

利用資格 満20歳以上で65歳以下の方(専業主婦、アルバイト、パート、年金受給者の方も融資可能)
融資限度額 10万円以上500万円以内(専業主婦の方は上限が30万円まで)
金利 年5.0%~年13.5%
保証会社 株式会社りゅうぎんディーシー、株式会社オリエントコーポレーション、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のいるれか。
借り入れ方法 琉球銀行のATMほか、コンビニのATMも利用可能

 

まずは利用できる対象者が一番多い琉球銀行「しあわせのカードローン」の融資について解説してきます。
借入時の年齢が満20歳以上で65歳以下の方であれば、専業主婦やパート・アルバイト、年金生活者でも申し込むことができます。

とはいえ、申し込める=お金を借りられる…というわけではありません。申し込みから融資までの流れ、金利などをチェックしていきましょう。

しわわせのカードローンの申し込みから融資までの流れ

申し込みから融資の流れについて琉球銀行に電話して聞いてみました。
流れをざっくり追っていくと

申し込み→本人確認→審査→審査結果の回答→希望取扱店から電話連絡→店舗で契約(その場で融資も可)→ローンカード送付→融資

という順番になります。

申し込み~本人確認

申し込みをした後に本人確認を済ませる必要があります。インターネット申し込み入力の完了後、こちらから本人確認資料の画像をアップロードしましょう。

電話受付やFAX申し込みの場合は、携帯電話宛にショートメッセージ(SMS)が送信されますので、SMSに記載されているリンクから本人確認資料の画像登録の手続きを行ってください。

運転免許証など写真付の公的な本人確認資料で本人確認を済ませないと審査が開始できないので注意しましょう。

審査~審査の回答

審査にかかる日数はだいたい2~3営業日とのことでした。ただし、週末や長期連休などで審査が混雑している時期は1週間かかることもあるそうです。

審査の回答が出る前に、申し込みの際に記入した内容について確認の電話が琉球銀行からかかってくることもあります。申し込みの項目で「その他」を選ぶときは、その内容をしっかり書くなどしてはっきりさせておくといいと思います。

審査結果の通知方法は電話です。自宅、勤務先、携帯電話など都合の良い電話番号に、希望の日時を考慮してかけてもらうことができます。審査結果の回答時に決定した金利も知ることができます。

この段階で金利に納得できなければ契約に進まず、お金を借りるのをやめることもできます。

店舗からの電話~契約・融資

金利などの条件に納得して契約に進む場合は、さらに2~3日後に希望する取扱店から電話がかかってきます。

この電話で契約のために、琉球銀行に来店する日時やその時の持ち物の案内があります。

琉球銀行に来店して契約し、もし急ぎの場合はそのときに窓口に相談すれば即日で振込をして融資をすることもできるとのことでした。

ただし、店舗の閉店時間に近い時間であったり、店舗が混雑しているときは閉店時間まで多少余裕があっても他のお客さんの対応で融資ができないこともあるので、即日融資を希望する場合はなるべく早い時間に来店するようにしたほうがよいと教えていただきました。

契約後、1週間程度で琉球銀行からローンカードが郵送で届きます。このローンカードが手元に届いたらATMで借り入れが可能になります。

在籍確認を書類で済ませることができる?

琉球銀行に在籍確認の有無を問い合わせたところ、在籍確認は必ずあるとのことでした。しかも、ローン申し込みのフリーダイヤル番号を通知して「琉球銀行です」と銀行名を名乗るということでした。

カードローンの申し込みということまでは言われませんが、電話に出た人がかかってきた電話番号を調べればカードローンの在籍確認かなと思われる可能性が高いです。

そこで、「社員証などで在籍確認としてもらうことはできませんか?」と聞いてみたところ、電話などでの申し込みの場合はそういった措置を受けることができないようです。

ただし、琉球銀行の店舗窓口で申し込む場合に限り、保険証などでの在籍確認に応じてもらえる場合もあるようです。

この措置は、琉球銀行窓口での申し込みなら必ずとってもらえるわけではなく、相談して店舗側がOKを出せばとってもらえるものです。どうしても会社に電話されては困るという場合は、まずは窓口に相談してみましょう。

琉球銀行から自宅に届く郵便物は?

自宅に届く郵便物について琉球銀行に聞いてみたところ、ローンカードの他に、返済計画表や個人情報取り扱いについての書類が届くようです。他にも、利用明細が6ヶ月に1度(ローンの種類によって頻度は異なるそうです)自宅に届きます。

頻度としてはすごく多いわけではないですが、自宅に郵便物が届くことで家族に知られてしまうリスクは否めません。

琉球銀行「しあわせのカードローン」申し込み方法

琉球銀行「しあわせのカードローン」の融資申し込み方法は次の4つです。

■電話
フリーダイヤルなので通話料無料でかけることができます。
0120-38-8689(通話料無料)
こちらの電話番号は、携帯電話やスマートフォンからもかけることができます。受付は、月~金の9:00~20:00となっています。土・日・祝日は受付していません。

■インターネット
インターネットの申し込みは24時間受け付けており、こちらから琉球銀行「しあわせのカードローン」に申し込むことができます。

■FAX
こちらからPDFで申し込用紙をダウンロードすることができます。必要事項を記入して琉球銀行へ送信しましょう。

■琉球銀行の窓口
琉球銀行の窓口でも、カードローンの相談や申し込みを受け付けています。

この4つの方法は、後ほど紹介するカードローンでも同様です。(カードローンプレミアム除く)

しあわせのカードローンの金利

琉球銀行しあわせのカードローンの金利変動金利で年5.0%~年13.5%です。最高金利が大手銀行や他の銀行と比べても低いです。

沖縄銀行のカードローン「チェキット」の金利(年14.6%)と比べても、しあわせのカードローンの最高金利は低かったです。

ただ、沖縄県沖縄市に本店のあるコザ信用金庫のカードローンと比べると「しあわせのカードローン」の金利は高く、コザ信用金庫のカードローンは年10.5%の金利でした。

金利が低いのは多少地域性もあるのかなという印象です。

琉球銀行しあわせのカードローンの金利についてもう少し詳しく見てみると、保証してくれる保証会社によって3つのランクに振り分けられています。

貸越極度額 300万円以下 300万円超500万円以下
1st 年7.0% 年5.0%
2nd 年9.8% 年7.0%
3rd 年13.5%

 

保証会社は、株式会社りゅうぎんディーシー、株式会社オリエントコーポレーション、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のいずれかになります。

自分で保証会社を選ぶことはできませんし、どの保証会社がどのランクの保証になるのかまではわかりませんが、最高金利が適用されると想定して借り入れや返済の計画を立てるようにしましょう。

しあわせのカードローンの返済方法

毎月10日前月約定日現在残高に応じて下記の通り自動返済となります。

前月約定日現在残高 返済金額
10万円以下 2,000円
10万円超30万円以下 5,000円
30万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 15,000円
100万円超150万円以下 20,000円
150万円超200万円以下 30,000円
200万円超300万円以下 40,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 60,000円

 
琉球銀行「しあわせのカードローン」の約定返済額は高すぎず低すぎないような設定になっていると思います。

ただし、残高が10万円以下になると約定返済額が2000円になるので、そのぶん元金の減りもゆるやかになります。早く完済したい場合は積極的に繰り上げ返済していきましょう。

しあわせのカードローンで融資を受けるメリットとデメリット

しあわせのカードローンの特徴についてメリットとデメリットを挙げながらまとめていきます。

■メリット
・最高金利が低い
・専業主婦やパート・アルバイトの方も利用できる
・契約日に振込で即日融資も可能

■デメリット
・契約には口座の開設と来店が必要
・申し込から融資まで時間がかかる

琉球銀行「しあわせのカードローン」は、金利が比較的低く専業主婦パートアルバイトの方の申し込みができるので、条件面では利用しやすいカードローンになっていると思います。

ただ、 琉球銀行の口座が必要であったり、申し込みや書類のアップロードはインターネットでできるものの契約の時に来店が必要であったりと、来店が必須になっているところで敷居が高く感じるかもしれません。

融資のスピードについては、契約後に振込で即日融資も可能という点ではローンカードの到着を待つカードローンよりスピーディーということができます。

しかし、契約までにかかる日数が長いので、申し込みした日の即日融資は不可です。

審査に2~3営業日かかり、審査の回答の電話から店舗から連絡が来るまでの間にもさらに2~3営業日かかってしまうところがステップが多いように感じます。

そこから琉球銀行への来店も必要なので、申し込みから融資までの期間を考えるとスピーディーな融資は期待できなさそうです。

即日融資を希望する方は「即日融資24」をご覧ください。

琉球銀行「カードローンプレミアム」で融資を受ける

融資限度額 30万円、50万円~300万円(50万円単位)
資金使途 自由(事業資金以外)
遅延損害金 年14.5%
保証会社 りゅうぎん保証株式会社
金利 住宅ローン基準金利(変動金利)+0.975%

 

カードローンプレミアム」は、琉球銀行で住宅ローンを利用している方専用のカードローンで、申し込みは窓口でのみの受付となっています。

カードローンプレミアムの申し込み条件

下記の条件に該当する方が申し込み可能です。

・琉球銀行住宅ローン利用者
・契約時の年齢が満20歳以上60歳未満の方
・安定継続した年収が150万円以上ある方
・同一勤務先に1年以上勤務されている方
・過去に信用事故のない方
・保証会社の保証が受けられる方

公式サイトより引用

琉球銀行「カードローンプレミアム」は、収入額や勤続年数に条件があることから、しあわせのカードローンよりも厳しい印象です。

カードローンプレミアムの金利

金利は変動金利になっており、住宅ローン基準金利(変動金利)+0.975%となっています。この金利には保証会社に支払う保証料も含まれています。

利息は100円単位でつき、約定返済日に貸越残高に組み入れられます。

カードローンプレミアムの借入方法

借り入れ方法は、普通預金口座を利用した当座貸越になります。普通預金口座の残高がなくなった場合、限度額の範囲内でお金を借りることができます。

カードローンプレミアムの返済方法

琉球銀行「カードローンプレミアム」の約定返済は、毎月10日に自動引落となります。毎月の約定返済日とは別にATMや窓口で直接入金することで繰り上げ返済を行うことができます。約定返済時の約定返済額は次のとおりです。

貸越残高 約定返済額
30万円以下 5千円
30万円超50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超200万円以下 3万円
200万円超300万円以下 4万円

 

琉球銀行「カードローンガクワリ君」で融資を受ける

融資限度額 10万円。ただし、口座開設日より2年経過すると30万円まで融資可能。
金利 固定金利で年4.0%。口座開設日から2年経過後は年13.5%
資金使途 自由
遅延損害金 年14.0%

 

琉球銀行「カードローンガクワリ君」は、大学生・専門学生を対象としたカードローンで、インターネットバンキングと同時に申し込むと、ATMの手数料が無料になったり安くなったりします。2年間はとても低い金利で融資を受けることができます。

・県内の(短)大学生・専門(専修)学生で申し込み時年齢が20歳以上の方
・保証会社の保証が受けられる方

公式サイトより引用

琉球銀行「カードローンガクワリ君」の保証会社は、株式会社りゅうぎんディーシーのみです。

カードローンガクワリ君の金利

琉球銀行「カードローンプレミアム」は固定金利で年4.0%です。口座開設日から2年経過すると年13.5%になります。2年はお得に使えますが、2年経過して金利が変わった後も、それまでと同じようなペースでお金を借りると返済が大変になってしまうかもしれませんので要注意です。

カードローンガクワリ君の借入方法・返済方法と返済額

琉球銀行「カードローンプレミアム」の借り入れはATMで行います。返済は、毎月10日に自動引落で行います。利用残高に関わらず返済額は毎月5,000円となっています。

カードローンガクワリ君の必要書類

琉球銀行の口座が必要になります。琉球銀行の預金通帳や届出印、本人確認書類のほかに学生であることが確認できる学生証など学校が発行するものが必要です。

琉球銀行「公務員ローン(カードローン型)」で融資を受ける

融資限度額 100万円以上500万円以内(50万円単位)かつ年間収入の1/2以内
金利 年5.0%(変動金利)
資金使途 自由
保証人 不要
必要書類 琉球銀行の預金通帳と届出印鑑(口座のない方は新規開設します)、本人確認書類、収入確認書類。

 

琉球銀行「公務員ローン(カードローン型)」は、公務員など特定の職業に就いている方が利用できるカードローンです。

借入可能額が100万円以上になっているので、少額の借り入れというよりはある程度まとまった資金が必要な方向けの商品になっています。

公務員ローンはのちほど紹介する証書貸付型(フリーローン)タイプも用意されていますので、そちらを先にけんとうすることをおすすめします。

公務員ローン(カードローン型)の申し込み条件

・次のいずれかに該当する方
①公務員の方②NTT・JT・沖縄電力のグループ会社の正社員③駐留軍従業員
・契約時年齢が満20歳以上満60歳未満の方
・過去に信用事故のない方
・保証会社の保証が受けられる方

公式サイトより引用

ただし、臨時や嘱託社員、自衛隊員の方は申し込みができません。
保証会社は、株式会社りゅうぎんディーシー、株式会社オリエントコーポレーションのいずれかです。

公務員ローン(カードローン型)の借入方法・返済方法と返済額

琉球銀行「公務員ローン(カードローン型)」の借り入れはATMで行います。返済は毎月10日に残高に応じた返済額が引き落とされます。

貸越残高 返済額
50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超150万円以下 3万円
150万円超200万円以下 4万円
200万円超250万円以下 5万円
250万円超300万円以下 6万円
300万円超350万円以下 7万円
350万円超400万円以下 8万円
400万円超450万円以下 9万円
450万円超500万円以下 10万円

 

貸越残高が50万円以下になると毎月の約定返済額が1万円になりますが、貸越残高が20万円や10万円になっても1万円の約定返済額と考えると、少し高めの設定だと思います。

琉球銀行の「フリーローン」で融資を受ける

カードローン以外にも自由な使いみちで借りることができる、琉球銀行のローン(フリーローン)をご紹介していきます。

フリーローンは、カードローンとは異なり、証書貸付といって必要な金額を一回で借りることになります。

追加で融資を受けたい場合には、改めて申し込みから審査、契約といった手続きをとらなくてはなりません。カードローンのように決められた金額の範囲内で何度も借りるということはできませんので、必要な金額がはっきりしている方におすすめのローンです。

返済方法もカードローンとは異なり、借り入れ残高に関わらず返済開始から完済まで毎月一定額を返済する方式(元利均等返済)や、毎月一定額の元金に利息を加えた額を返済する(元金均等返済)となっています。

琉球銀行で扱っているフリーローンは次の3つです。

■しあわせのフリーローン
■軍用地主ローン
■公務員ローン(証書貸付型)

しあわせのフリーローンと軍用地主ローンは、事業性資金にも利用することが可能です。

銀行のフリーローンは、事業性資金への利用は不可の場合が多いので、事業資金の調達を考えている方も検討してみてはどうでしょうか。

軍用地主ローン以外は、電話、ネット、FAX、店頭窓口から申し込むことが可能です。
契約は店舗で行うことや、口座が必須であることはカードローンと変わりありません。

琉球銀行「しあわせのフリーローン」で融資を受ける

しあわせのフリーローンは、琉球銀行のフリーローンのなかでもスタンダードな商品です。パートやアルバイト、専業主婦や年金受給者なども申し込みが可能になっています。

しあわせのフリーローン申し込み条件

申し込みの条件を公式サイトから引用します。

・契約時の年齢が満20歳以上70歳未満、完済時の年齢が76歳未満の方
・保証会社の保証が受けられる方

公式サイトより引用

琉球銀行「しあわせのフリーローン」は、パートやアルバイト、専業主婦や年金受給者の方でも申し込み可能なフリーローンになっているので、融資可能な人の幅は広そうです。

琉球銀行「しあわせのフリーローン」の保証会社は、株式会社りゅうぎんディーシー、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社、株式会社オリエントコーポレーション、株式会社クレディセゾンのどれかになります。

どの保証会社になるかはわかりませんが、4つのうち1つでも保証を引き受けてくれるところがあれば審査を通過できる可能性が高いです。

しあわせのフリーローンの必要書類

預金通帳や預金通帳の届出印鑑が必要になります。口座を持っていない人は新規で開設することになります。他には、運転免許証等の本人確認書類や、申し込み金額が50万円を超えた場合は厳正徴収票や給与証明書などの収入確認書類が必要です。他にも、審査の結果によっては提出する書類が増える可能性もあります。

しあわせのフリーローンの融資可能額

10万円以上500万円以内で1万円単位です。専業主婦は30万円が上限額となっています。
申し込み額は原則として年収の1/2以内となっています。

しあわせのフリーローンの金利

年4.8%・年9.8%・年14.0%と3パターンあります。
いずれも固定金利です。

審査によって決定されるので、申し込み前にどの金利が適用されるかについては知ることができません。

年14.0%の金利が適用されると、しあわせのカードローンの最高金利よりも高くなってしまいます。

しあわせのフリーローンの返済方法

琉球銀行「しあわせのフリーローン」の返済方式は元利均等返済です。半年ごとの増額返済(ボーナス払い)を併用することも可能ですが、融資金額の50%以内となっています。

ただし、使用目的が事業資金の場合は、元利均等返済のみとなり増額返済の併用はできなくなっています。

繰上返済は全額返済か一部繰上返済ができます。全額繰上返済は、窓口からのみ可能で手数料が3,240円必要です。
一部繰上返済は、窓口から行うと5,400円の手数料が必要ですが、インターネットバンキングから行えば手数料が無料になります。

しあわせのフリーローンの返済期間

6ヵ月以上10年以内で6ヵ月単位となっています。最長10年なら比較的ゆとりのある返済計画を立てることができるのではないでしょうか。

琉球銀行「軍用地主ローン」で融資を受ける

琉球銀行「軍用地主ローン」は、軍用の土地を所有している方やこれからしようとする方向けのローンです。軍用地を担保にお金を借りることができます。

極度貸付タイプと証書貸付タイプがあり、極度貸付タイプはカードローンと同じようにらかじめ設定された借入れ枠の範囲内で何度でも借入れできるようになっています。

金利は公開されておらず、琉球銀行所定の適用が適用されます。

軍用地主ローンの申し込み条件

琉球銀行「軍用地主ローン」の申し込み条件を極度貸付タイプと証書貸付タイプごとに公式サイトから引用します。

【極度貸付タイプ】
■個人の方 
・ 軍用地主または新規で軍用地を取得する方
・ 1親等の親族による軍用地の担保提供が可能な方
・ 借入時年齢が満20歳以上満75歳以下の方
■法人の方
・ 法人名義で軍用地を所有または新規で軍用地を取得する先
・ 軍用地の担保提供が可能な先
・琉球銀行口座に軍用地料振込みを指定している方(琉球銀行へ変更が可能な方)

【証書貸付タイプ】
・個人の軍用地主または新規で軍用地を取得する個人(琉球銀行に地料振込を指定している方、または新たに指定できる方)
・原則20歳以上で最終返済時の年齢が70歳以下の方
・県外在住の方は、軍用地主会へ加入できる方

公式サイトより引用

軍用地主ローンの融資可能額

軍用地の年間地料の所定倍率範囲内でお金を借りることができます。

【極度貸付タイプ】
100万円以上5億円以内(既存の当貸型軍用地主ローンと併せて5億円以内)
事業性資金の場合は運転資金にのみ利用できます。

【証書貸付タイプ】
50万円以上2億円以内

軍用地主ローンの保証人・担保

原則として軍用地に第1順位の抵当権を設定するこになりますが、別の担保が必要になる場合もあります。保証人は原則として不要ですが、審査の状況によっては必要になる場合もあります。

軍用地主ローンの返済方法

琉球銀行「軍用地主ローン」の証書貸付タイプの場合は、元利均等返済か元金均等返済になります。返済期間は軍用地によって異なります。

琉球銀行「公務員ローン(証書貸付タイプ)」で融資を受ける

公務員ローンの証書貸付タイプです。金利優遇条件もあるので、カードローンよりも先に検討することをおすすめします。

公務員ローン(証書貸付タイプ)の申し込み条件

・次のいずれかに該当する方
①公務員の方②NTT・JT・沖縄電力のグループ会社の正社員③駐留軍従業員
・借り入れ時年齢が満20歳以上で完済時の70歳以下かつ勤続1年以上の方
・過去に信用事故のない方
・保証会社の保証が受けられる方

公式サイトより引用

カードローンタイプの公務員ローンより、完済時年齢の縛りは緩やかですが、勤続年数が1年以上ないと申し込みができなくなっています。

嘱託職員、臨時職員の申し込みはできませんが、公団や公社の方は申し込みができます。
保証会社は、株式会社りゅうぎんディーシーか株式会社オリエントコーポレーションのどちらかです。

公務員ローン(証書貸付タイプの融資可能額・金利

10万円以上500万円以内で1万円単位から借りることができます。

琉球銀行「公務員ローン(証書貸付タイプ)」の金利は、変動金利で年3.1%~5.1%、固定金利で年3.5%~5.5%となっています。

給振契約・財形契約等により最高で年2.0%の金利優遇が適用されます。

最高金利ではカードローンタイプよりも、変動金利・固定金利ともに金利が高くなってしまいますが、カードローンタイプにはない金利優遇があります。

返済方法と返済期間

琉球銀行「公務員ローン(証書貸付タイプ)」は元利均等返済で、返済期間は6ヵ月以上10年以内(6ヵ月単位)です。繰上返済を行う場合は、一部繰上返済の場合5400円、全額繰上返済の場合3240円が必要です。

琉球銀行の「目的ローン」で融資を受ける

琉球銀行「教育ローン」で融資を受ける

琉球銀行の教育ローンには、極度貸付タイプと証書貸付タイプがあります。

大きな違いとしては、極度貸付タイプの使いみちが中学以上の教育費用であるのに対して、証書貸付タイプの場合は幼稚園以降の教育費用であるという点や、証書貸付タイプは1年以内にかかる費用しか借りることができないものの3ヶ月前から予約が可能という点にあります。

どちらの教育ローンも、有担保型と無担保型とがあり、有担保の場合は不動産を担保にすることで無担保の場合よりも高い融資額を借りることが可能になっています。

他にも、健康相談サービスが付帯しており医師や保健師などの相談スタッフによる健康相談サービスやセカンドオピニオンサービスを相談料無料で利用することができたり、希望があれば団体信用生命保険に加入することも可能になっていたりと、子どもを育てている保護者にとっては嬉しい内容になっています。

教育ローン 合格バンザイ(極度貸付タイプ)

■申し込み条件
・教育資金を必要とするご本人または保護者
・借入時の年齢が満20歳以上で、完済時の年齢が満70歳以下の方
・安定継続した年収が150万円以上の方
・過去に信用事故のない方
・保証会社(りゅうぎん保証株式会社)の保証が受けられる方

■融資可能額
無担保の場合は1000万円以内、有担保の場合は3,000万円以内で、いずれも10万円単位となります。

■保証人
無担保の場合は原則不要ですが、年収合算者がある場合や保証会社が必要と判断した場合は連帯保証人をつける必要があります。有担保の場合は、担保提供者と年収合算者が連帯保証人になります。

■必要書類等
・預金通帳や預金通帳の届出印鑑
・本人確認書類(運転免許証またはパスポート等)
・収入確認書類(所得証明書または源泉徴収票等)
といった基本的な書類に加えて、
・勤務先の確認資料
・入学や在学が確認できる書類
・続柄が確認できる住民票謄本などの書類
が必要です。

また、有担保で借りる場合には、担保とする土地建物の登記簿謄本、公図、印鑑証明書なども必要になります。

最後に、有担保、無担保に関わらず、使途が確認できる学費納付書などの書類が必要です。
使途確認書類は、借り入れの都度提出する必要がある場合もあります。

■金利
年2.8%の変動金利です。500万円を上限として地銀協団体信用生命保険をつけることができますが、その場合は年0.2%の金利が上乗せされます。

■返済について
約定返済と任意返済があります。一部を繰上げ返済した場合5400円、全額を繰上げ返済した場合3240円の手数料がかかることもあります。

親子リレー返済が可能です。子どもが20歳以上で就職した場合には、申し出ることで子どもの口座から返済をすることも可能です

参考ページ

教育ローン(証書貸付タイプ)

■申し込み条件
・教育資金を必要とする子弟の保護者またはご本人
・借入時の年齢が満20歳以上で、完済時の年齢が満70歳以下の方
・安定継続した年収が150万円以上の方
・過去に信用事故のない方
・保証会社(りゅうぎん保証株式会社)の保証が受けられる方

■借入可能額
無担保の場合は1000万円以内、有担保の場合は3000万円以内で1万円単位で借りることができます。

■金利
無担保の場合は固定金利か変動金利を選択できます。変動金利で年2.8%、固定金利で年3.7%です。有担保の場合は、変動金利で年2.8%です。

希望により地銀協またはガン保障特約付団体信用生命保険(カーディフ生命保険会社)を付けることが可能です。地銀協の場合は年0.2%、カーディフ生命保険会社の場合は年0.5%金利が上乗せになります。

■返済方法と期間
元利均等返済で、半年ごとの増額返済併用ができます。在学中は元金据置が可能です。証書貸付タイプと同様に、親子リレー返済も可能です。無担保の場合は1年以上20年以内、有担保の場合は1年以上25年以内です。いずれも据置期間は返済期間に含まれます。

■保証人
保証人は原則として不要です。ただし、教育ローン極度貸付タイプと同様に年収合算者がある場合や保証会社が必要とした場合には連帯保証人を用意する必要があります。また、無担保で申し込み額が300万円を超える場合は連帯保証人が必要ですし、有担保口で担保提供する人が別にいる場合も連帯保証人が必要です。

参考ページ

琉球銀行「マイカーローン」で融資を受ける

琉球銀行「マイカーローン」は、車の購入のほか、車検や修理、免許取得費用など車関連の費用に幅広く利用することができます。他社のマイカーローンの借換資金にも利用ができ、借り換えの場合は金利優遇を受けることもできます。

また、車に傷がついてしまったときに上限額の範囲内で実損額を支給してくれる「うっかりサポート」を利用することも可能です。

■申し込み条件
・借入時の年齢が満20歳以上で完済時の年齢が満70歳未満の方
・安定継続した収入が150万円以上の給与所得者または個人事業主の方
・保証会社の保証が受けられる方

■借入可能額
10万円以上800万円以内で1万円単位から借りることができます。上限額も高めに設定されているので、ある程度高級な車を買いたいと思っている方でも安心できると思います。

■返済期間
1年以上10年以内で6ヶ月単位で設定可能です。

■金利
変動金利で年1.7%~年3.7%です。保証料込みの金利となっています。がん保証付き団体信用生命保険に加入する場合は年0.5%が上乗せになります。

次のいずれかの金利優遇条件にあてはまると、条件に応じた金利優遇が受けられます。あてはまる条件が複数ある場合は、最大2.0%まで適用されます。

琉球行住宅ローンの利用…年2.0%優遇
過去に琉球銀行のマイカーローンを利用したことがある…年1.5%優遇
借換での利用…年1.5%優遇
給振利用またはポイントサービス100以上…年1.5%優遇
ディーシー・OCSカードかVISAデビットカードを持っているか新規で申し込む…年0.2%優遇

■返済方法
元利均等返済で、半年ごとの増額返済の併用も可能です。ただし、融資金額の50%以内となります。繰上返済も可能です。手数料などはしあわせのフリーローンと同じです。

■必要書類
預金通帳や預金通帳の届出印鑑、本人確認書類、収入確認書類(申し込み金額が100万円を超える場合)といった基本的な書類のほか、使途を確認するための見積書や請求書などの書類、勤続(営業)年数を確認する書類が必要です。

■保証人
原則として不要ですが、連帯保証人をつければ審査に通過することができるという条件になることもあります。その場合は、連帯保証人をつける必要があります。

参考ページ

<琉球銀行の融資まとめ>
ここまで琉球銀行のカードローン、フリーローン、目的ローンをご紹介していきました。

琉球銀行のカードローンやフリーローンはパートやアルバイト、専業主婦でも利用が可能となっていますし、学生でも学生専用カードローンが用意されていますので、20歳以上の方ならほぼ誰でも利用できるチャンスがあるといっても過言ではないでしょう。

公務員向けにお得な金利で借りられるローンが用意されていたり、軍用地主ローンという沖縄らしい商品も用意されています。

金利面でいえば、しあわせのカードローンやしあわせのフリーローンを検討する前に、目的ローンや公務員ローン、軍用地主ローンといった、目的や属性に合わせて用意されたローンを検討したほうがよいと思います。

このページの先頭へ